DIARY|記録

      秋友 かんな の記事
      author : 秋友 かんな ( 2013年10月31日 05:37 PM )

      神山→高松


  • 四国へ行ってきました。(10/26~29)
    毎日早朝5:30起床、時間をフルに使い動いた3泊4日でした。

     

    今回の目的は、今後アーティストインレジデンス(滞在・制作・発表・交流)とシェアスタジオの運営を進めていくにあたって、先進地である徳島県神山町を訪れ、イン神山の動きを直接視て学び、沖縄ではどう動いていくか?の参考にするために、その中心にいる大南信也さんを訪ねました。
    ◎イン神山公式サイト>http://www.in-kamiyama.jp/

     

    そしてもう一つの目的は、後半で綴る芸術祭の在り方について。
    いろいろな意見を交わす中で、現在開催中の瀬戸内国際芸術祭を観て新たな思考を拡げ、さらに芸術祭を支えるサポーターこえび隊や他団体の話を聴きながら、様々な視点で考える機会を設けました。

     

    まずは神山

     

    大南信也さんによる直接のレクチャーは、限られた時間の中でいろいろな話を伺うことができました。忙しい合間を縫っての神山アテンドでは、行く先々で人の温かさに触れ、自然の美しさに触れ、その一つ一つの感動が、また神山へ行こう!住みたい!と思わせる魅力に繋がっているんだと思いました。

    その魅力を肌で感じることができて本当によかったです。

    誰かの心に響く、伝わる魅力...
    イン神山の動きは、そんな神山の息を呑む美しい自然環境と、神山で暮らす人々(地域)との心地よいマッチングにあると感じました。

    魅力的な素地のある場所に、魅力的な人が集まり、その魅力を個々が発信していく。穏やかな繫がりの中でコミュニティーを大切にし、暮らし、営みを進めていく。そんな流れを案内されている最中描いていました。

     

    沖縄クリエイターズビレッジの理想とする流れです。

     

    ◎案内していただいた神山バレー・サテライトオフィス・コンプレックス
    情報>http://www.in-kamiyama.jp/kvsoc/

    kami1.JPG

    以前、神山町へ行こう!を綴ったことがありますが、神山には気づきと発見、感動が溢れていました。
    ◎以前綴った記事>http://www.oc-village.com/diary/2013/06/post-407.html

    kami3.JPG kami4.JPG

    イン神山のアーティストインレジデンスKAIRの2012年度招聘作家の出月秀明さんの作品「隠された図書館」は、言葉にならない美しさで、しばし静かな空気感に心奪われてしまいました。
    ◎出月秀明「隠された図書館」
    作家サイト>http://www.idetsuki.com/work041.html

     

    今回の神山訪問で得た多くの学びと感動は、確実に活かさなければならないし、沖縄で進めていくにあたって、私たちのブレない目的と重ね合わせ、再確認と今後の計画の参考にしたいと思います。

     

    徳島県を後に、香川県へ

    続きを読む...

    1. author : 秋友 かんな ( 2013年10月22日 10:38 AM )

      沖縄ときどき東京


  • ときどき出かけるプライベートジャーニー
    今回は東京日帰りでしたが、充実していました。

    tokyo1.JPG

    10月19日(土)那覇8:20発-羽田10:50着
    東京へ降り立った瞬間、少し肌寒い風が心地よかったです。
    沖縄25℃→東京15℃

     

    到着後すぐに上野へ

     

    私たちと同じ一番街商店街に拠点を持つone`s room studio
    佐藤大地と大塚泰生が東京都美術館で渡辺愛を加えた三人展を開催しているということで行ってきました。最終日の滑り込みセーフ

    3人それぞれの日常や心の中の思いが見え隠れするような、覗かせてもらっているような、そんな気持ちになりました。
    展示構成が3人らしくて面白かった、よかったです。

     

    東京都美術館を後にし、少し上野駅周辺を散策
    東京駅経由→六本木にある森美術館

     

    日本のアートシーンを総覧する3年に一度の展覧会シリーズ「六本木クロッシング」へ
    4回目となる今回のテーマは、日本の現代アートのいまを問う[アウト・オブ・ダウト]展

    さすがの森美術館セレクトのアーティスト達
    本展の趣旨に沿うその作品は、圧倒。深く心に刻まれました。

    疑問だらけの現在の日本社会に、新たな光を感じさせてくれる、そんな展覧会でした。
    「社会とアート」それがダイレクトに伝わる、考えさせてくれる展示内容でした。

    機会があれば、ぜひ観に行かれてください。2014年1月13日まで

    tokyo2.JPG

    続きを読む...

    1. author : 秋友 かんな ( 2013年9月14日 01:31 PM )

      道路舗装工事


  • 現在、一番街商店街とサンシティ商店街では、配水管の敷設、マンホールの取り替え、タイルの貼り替えなど、道路舗装工事が進んでいます。

    完成までの間、騒音や不便さを感じることが多々ありますが、一足先に工事が完成に近づいているサンシティー通りを見ると、しばらく我慢しようという気になりました。

    これまではツルツルしたタイルで、梅雨時期や雨降りの度に滑る人を見たので、その点は安心になりますね☆

    michi2.JPG michi1.JPG

    煉瓦タイプに張り替えられた通りをしばし眺めながら、月日の流れとともに少しづつ変化を重ねてきている町の動きに、あらためて可能性を感じずにはいられませんでした。

     

    日々消えていくものもあれば得られるものもある。

     

    昔の歴史も大事だし、未来に夢を抱くのも大事、そして現実を直視するのも大事。

     

    ふと吉田松陰の名言を思い出した!☆

     

    『夢なき者に理想なし、理想なき者に計画なし、

    計画なき者に実行なし、実行なき者に成功なし。

    故に、夢なき者に成功なし。』

      

    商店街も現実と向き合いながら、未来に繋げようと一歩一歩(一日一日)進んでいます。

     

    すでに一番街商店街の工事も本格化してきました。

    タイルの張り替え作業をする前に、2013一番街七夕まつりの名残りが残る天の川を撮ってきました。

    michi04.JPG michi05.JPG

    もうすぐ張り替え作業で消えてしまいますが、道路舗装工事の全工程終了後の光景が楽しみです☆



    1. author : 秋友 かんな ( 2013年8月 7日 06:35 PM )

      慰労会に招かれて


  • 昨晩、沖縄市一番街商店街振興組合の皆さんに招かれて
    「2013一番街七夕まつり」の反省会を兼ねた慰労会に参加してきました。

    000.jpg

    OCV事業の拠点を去年から同商店街のKOZY CENTRALに移して以降、
    本来あるべき商店街のコミュニティーについて更に考えるようになりました。

     

    そんなある日、商店街で長年店を構える店主から相談がありました。

    続きを読む...

    1. author : 秋友 かんな ( 2013年6月14日 03:15 PM )

      いい関係☆


  • 週末の一こま...

    spaceコザの窓のフリーWi-Fiスポットには子ども達が宿題を持ってやってくる。

    PAP_0717.JPG

    お父さん、お母さん、お兄ちゃん、お姉ちゃんはというと...

    KOZY CENTRAL向かいにあるダンススタジオにてレッスン中&参観中♪

    何だかとても微笑ましい...

    しかも利用する時・帰る時に、ちゃんと挨拶してくれるのが嬉しい☆

    「こんにちわー」「ありがとうございました。」

    PAP_0715.JPG

    ご近所とのこんな付き合い方が(に)心和むひと時です。

     

    普段のコザの窓はワーキングスペースとして利用されています。

    利用される方との、この関係(この時間)も、いいね!です。落ち着きます。

    580452_554978347893176_1383060311_n.jpg

    2013年もイベント企画が着々と実行・始動しています。

    情報はOCVfacebookページでも更新中☆CHECK IT OUT
    http://www.facebook.com/OkinawaCreatorsVillage



  • 1  2  3  4  5  6  7  8  9  10  11