DIARY|記録

      Entry Page - 記事ページ -
      author : 秋友 かんな (2015年8月21日 11:53 AM)

      駆け抜けていった7月


  • 日常で見聞きする漠然と大きな国や人種、民族性あるいは宗教のイメージって、どれくらい信憑性があるんだろう?

    人として(個)と向き合う時、その関係性を深めていくと、その観念はほぼあてにならないと感じるし、いかに個と知り合うことが重要であるかを、あらためて痛感させてくれる。

     

    7月8日〜8月3日まで、沖縄で作品制作をするために滞在していたオランダ在住の韓国人アーティストとの出会いも、日々さまざまな対話を重ねるごとに、いろんな思いが奮起させられた。

    もっといろんな国のいろんな人と出会い、見聞を深め、もっといろんな世界観を共有したい!と、あらためて思った。

    その奮起させられた思いは、以前から実行したいと思いながらできていなかった企画に着手する原動力となり、さっそく動いている。

     

    これからも、仕事以上の関係性(信頼)を築くために、現状できるベストな方法で、人の受け入れにも対応していきたい。

     

    受け入れの際は、毎回まず案内するのが、滞在先となる沖縄市一番街商店街周辺。

    滞在中は、住むように過ごしてもらうため、日常で感じたことを率直に聞けるのは何より貴重で、いちいち心に留めている。

     

    そんな今回の沖縄案内と制作サポート含めたコーディネートは、要望により沖縄戦跡を巡る時間が大半を占めた。

    IMG_3123.JPG IMG_3126.JPGIMG_3130.JPG IMG_3148.JPG

    - 続きはこちらから -

     

    様々ある沖縄のシーンで、何を目的に(わざわざ)遠くから訪れるのか?

    それを全力でサポートし、コーディネートするのが受け入れ側の役目となる。

     

    とはいえ、戦跡は沖縄出身で長年住んでいても、おそらく(なかなか)行かない。

    だから案内していて、私自身も貴重な経験となった。

    南部を巡り、旧海軍司令部壕、シュガーローフ、嘉数高台、読谷村は画像書籍を参考に巡った。

    yomitansenseki.jpg

    そして、多くの命を救い命をも誕生させた、うるま市石川にあるガマへ。

    北部は、特攻機の残骸とともに眠る巨大戦艦エモンズが沈む海へ。ほぼ原型のまま沈んでいるため、ダイビングスポットとしては世界でもトップクラスの沈船ポイントらしい。

     

    その他、とうぜん(もちろん)時間の許す限り、様々な視点で沖縄を見てもらうことにも努めた。

    なので約1ヶ月、てんこ盛りなスケジュールとなったが、これらの場所を通して、どんな作品が生まれるのか?そして作品を観た時、私たちは何を思い感じるのだろう?

     

    ※展示情報はお知らせがあり次第お伝えします。

     

    Sanghee Song(サンヒ・ソン)HP>http://www.dalgrian.com/

  • オランダ⇔オキナワ <<  |  >> あいちトリエンナーレ2016