DIARY|記録

      Entry Page - 記事ページ -
      author : 秋友 かんな (2014年12月 2日 07:05 PM)

      「交流サロン」準備中


  • junetictoha.jpgのサムネール画像

     

    11月27日に沖縄入りした窪山洋子さん。

    関連記事> http://www.oc-village.com/diary/2014/11/post-440.html

     

    時代の流れは確実に社会や環境に様々な変化を齎すけど、コザの街も10年前とは明らかに違う、と語る窪山さん。
    当時、コザで暮らす(或いはお店を営む)方々にヒアリングをした資料を手に取り、あの時街の人は何を思い、何を語っていたか?そして今、何が実現できていて、どう変化したのか?
    この数日いる間にも、ひしひしと感じていますと語る窪山さん。

    当時出会った方々を、あらためて尋ねてみたいとおっしゃっていました。

     

    この街は、文化的側面からいろんな効果が生まれる潜在的な力を持っている、と感じる。

     

    今回の「ジュネチック」で作る交流サロンは、そんな窪山さんのいろんな側面(アート×コミュニケーション)で、この街を考え、そして私たちに何らかの気づきを与えてくれる、そんなきっかけとなる「場」が作られます。

     

    会期中、交流サロンには窪山洋子さん、そして会場を提供いただいているBook Café & Bar mementoのオーナー繭子さんがおります。

    『ジュネチック』をきっかけに、初めて出会った二人なのに、偶然の一致が多過ぎてビックリ!
    生まれた場所や現在の実家の場所、通っていた大学や大学の卒論も「沖縄」がテーマだったりと!
    お二人との交流も楽しみながら、ぜひお気軽にお立ち寄り下さいませ。

    H&M.jpg

    画像)左:mementoオーナーの繭子さん、右:窪山洋子さん 

     

    「交流サロン」のご案内はこちらから

  • Orawan Arunrak <<  |  >> 写真家 豊里友行