DIARY|記録

      Entry Page - 記事ページ -
      author : 秋友 かんな (2014年12月17日 08:05 AM)

      『ジュネチック in コザ』閉幕


  • 12月14日(日)11日間続いた『ジュネチック in コザ』閉幕しました。

     

    ご来場いただいた皆さま、関係者及びご協力いただいた皆さま、
    心よりありがとうございました。

     

    5名の招聘アーティストによるリサーチと制作発表は、地域(コザ)の魅力を再確認し、今後の課題を沢山いただきました。

    j1-1.jpgのサムネール画像

     

    何より対話(人とのコミュニケーション)が盛りだくさんで、それは地域で開催するにあたって忘れてはならないポイントです。

    june1-4.JPG

    june1-3.JPG

    - 続きはこちらから -

     

    なぜイベントを開催するのか?

    その意味を、あらためて認識させられた『ジュネチック』プログラムでした。

     

    肝心なのは、イベントを動かすメンバーがそこにいること、活動拠点がそこにある(地域・コミュニティーにある)ということは重要で、日々、個々人で活動・仕事をする中、皆が参加できる、集える場を作ることは重要です。

    june1-1.JPGのサムネール画像

    そのための「きっかけづくり」として、イベントがあることは大事です。

     

    人によって、イベントではなく継続できる何かをやってほしい!という声があります。
    それは、イベントをした後に何が(効果が)残るんですか?という疑問があるのでしょう。

     

    集客力のあるイベントであれば、年に1回(数回)開催するだけで、大勢の人が集い楽しみ、リピーター率も高い。それは(人々が)行くつもりで事前に予定している(楽しみにしている)ということで、そこに「年に一度のイベントだからこそ」の付加価値が生まれ、その時々で終わるからイベントなんだ!という主張に納得ができます。

     

    それと、イベントにはもう一つ、価値があります。

     

    それは、集客や売上による数字ではない(可視化できない)部分の役割りです。

    そこに、イベントを実施した後に何が(効果が)残るんですか?という疑問の答え(の多く)があると感じます。

    たとえばアイディアの思案であったり、記憶・記録を残すであったり、人や場所(国を超えた)繋がりや交流が生まれるであったり、そんな人をつなぎ得るものがある時間を共有することは大切(必要)だし、そのための「きっかけ」としてイベントがあるならば、それは意義深いことです。

    june1-2.JPGのサムネール画像

    私たちの活動、今回の『ジュネチック』プログラムも、まさにその部分で動いており、今後も様々な人の心に触れる機会、きっかけの場を提供していきます。

     

    この度は、多くの皆様に沖縄市(コザ)へ足を運んでいただけたこと、共に思考できたこと、重ねてありがとうございました。

  • 『ジュネチック in コザ』本日最終日 <<  |  >> 2015★