DIARY|記録

      Entry Page - 記事ページ -
      author : 平良 亜弥 (2014年11月15日 01:13 PM)

      アーティスト紹介☆上原耕生さん


  • _MG_0627.jpg

    「ジュネチックinコザ」の招聘アーティスト紹介、今回は上原耕生さんです。

    上原さんは、県内出身の国内の様々な地域で

    ユニークなアートプロジェクトを実施しているアーティストです。

    沖縄での制作では、2008年にwanakio(前島アートセンター主催)に出展していて、

    その時からの出会いがあり、今回のジュネチックへの招聘へと繋がっています。

     

    wanakio2008では、ヤンバルにある赤土がむき出しになった断岸に、

    天然記念物のヤンバルテナガコガネを何千匹と描写する作品を発表しています。

    テントをはって、泊まり込みで制作をしていた姿を思い出します。

     

    08_emergency02.jpg

     

    詳しくはこちら → http://kououehara.web.fc2.com/html/top.html

    ※Works 2008 Emergency evacuationよりご覧いただけます。

     

    次に、取手アートプロジェクトでの「IN MY GARDEN」。

    団地の壁画を使ったプロジェクト、こちらも面白いお仕事です。

     

    img2.jpg

     

    詳しくはこちら → http://www.toride-ap.gr.jp/danchi/uehara_img/

    - 続きはこちらから -

    そして、今回、「ジュネチック in コザ」ではどんなことをするのかというと??

    広い空間を使ったペインティングのパフォーマンスと映像を掛け合わせた

    「White Peinting」というシリーズを発表します。

     

    「White Peinting」は、黒田小学校(2004年・2005年)、鹿児島甑島他、

    いくつかの場所で実施しています。(写真:甑島)

     

    DSCN1522.jpg

     

    上原さんの制作場所の特徴として、普段見逃されがちな場所や、

    今後なくなってしまう、または形を変えてしまうような場所があげられます。

    今回の「White Peinting」のパフォーマンス会場では、

    中部に残る面白いスポットを使わせていただけることになりました!

     

    上原さんとのやり取りを通して、沖縄に残る風景、なくなってしまう風景のことなど、

    日々目にしている景色を改めて見つめる、見直す、捉える、ということを考えさせられます。

    上原さんは11/22に来沖して、会期直前まで制作を進めていきます。

    今回、沖縄を拠点に活動するアーティストや大学生のみなさんに協力いただきながら、

    制作(撮影・編集等)を進めていきます。(引き続き、制作サポーター募集中です!!)

    会場の使用に関してや制作へのご協力、たくさんの方に支えられての制作です。

    ほんとに関わる全てのみなさんに感謝です。

    撮影会場や制作の様子など、詳細は追ってご紹介したいと思いますので、お楽しみに☆

     

    KOUO profile.jpg

    ***************************************

     

    ジュネチック in コザ

    会期:2014年12月4日(木)〜14日(日)

    時間:12:00〜19:00

    場所:一番街商店街およびその周辺

    入場料:無料

    招聘アーティスト:上原耕生、窪山洋子、藤原パウラ、豊里友行、Orawan Arunrak

    主催:NPO法人 琉・動・体  http://okiart.jugem.jp/

    支援:沖縄県、(公財)沖縄県文化振興会「平成26年度沖縄文化活性化・創造発信支援事業」

     

    詳しくはこちら→ 

  • 人と場所、時を繋ぐ <<  |  >> パウラさん 制作中 ☆