DIARY|記録

      Entry Page - 記事ページ -
      author : 秋友 かんな (2014年4月24日 07:30 PM)

      本日最終夜


  • 残すは、一泊のみ!!

    島野芳子さん(版画家、ニューメキシコ大学芸術学部版画科准教授)、明日沖縄を発ちます。

     

    滞在中、沖縄市から北中城村・うるま市の島々、さらに読谷村から宜野座村を巡りました。

    ys8.JPG

     

    米軍施設のカデナ、フテンマが望める展望台へも案内、世界平和博物館の一つである佐喜眞美術館も訪れています。

     

    路線バスも利用してみたいとのことで、国際通り周辺を散策された後、沖縄市までバスで帰ってきていました。
    「平和祈念公園(糸満市)までバスで行ってきたのよ」と聞いた時は、さすがに驚きましたが、人に訊きながら「楽しい経験だった」と話してくれました。3回乗り継いだそうです。

     

    また海外でのアウトリーチプロジェクトも数多く手がけるMs Shimanoなので、滞在中、中部の小学校と特別支援学校へ版画の特別授業(沖縄の子ども達と触れ合う機会)も設けました。

    ys5.JPG

    大学へは琉球大学教育学部美術専修の授業に訪問し、県立芸術大学へは絵画の先生方を訪問(彫刻の河合先生がアポ取りしてくれました)。
    この出会いが何かしらの形で繋いでいくといいなーと思います。

    ys3.JPG ys02.JPG

    今回、制作場所として利用したgalleryラファイエットでは、アーティストトーク(4/20)を行い、沖縄で活動するアーティストらと交流を図りました。

    ys7.JPG

    12日間という短い滞在期間でしたが、いろいろな視点で、沖縄を(人と場所に)出会い、たくさんの印象を持ってアメリカに帰られるはずです。
    沖縄での滞在記(どう感じたかなど)は、あらためてメールでやりとりしたいと思います。

     

    これまで作品の中で度々登場した「沖縄」というモチーフ・テーマが、実際体感したことで、どう変化するのか?私たちもとても楽しみです。

    ys6.JPG

    今回の沖縄滞在・制作リサーチを協力でき、私たちも大変貴重な経験となりました。

     

    また再会できることを楽しみにしています。

  • 「OCV事務局」移転します!! <<  |  >> 七夕まつりに向けて