DIARY|記録

      Entry Page - 記事ページ -
      author : 秋友 かんな (2011年12月13日 07:43 AM)

      街との対話


  • コザに仕事の拠点を移してから常に心がけていることは、街との対話。

    OCV形成に向けて、最も重要だと感じている地域住民との交流、既存店舗との共存、地域団体や街づくり組織、行政、また個人のキーパーソンなど...常に意識しながらコミュニケーションを図ってきました。

    それはOCV形成において大前提なのが、街の理解と協力が必要だから...

    なので時間のかかる作業だとしても、大いに時間をかけてでも、コザ(街と人)を知ることは、Office BULATにとって欠かせないことです。

     

    先週も商店街の女性が集う場に招待を受け参加してきましたが、長年この街で店を営みながらこの街を見続けている先輩方とも、笑顔でコザが語れる(共通の話題がある)ことは、本当に素晴らしいことだと感じました。

    これまでの交流が実を結び、世代や仕事の枠を超え、共通の思いで動き出しそうな気がする、そんな雰囲気がする一幕でした。

  • BAR 500マイル <<  |  >> アートを買う