DIARY|記録

      Entry Page - 記事ページ -
      author : 内間 直子 (2011年12月 7日 01:50 PM)

      コザの一面とfacebook活用法


  • 沖縄アートプロジェクトのブログを更新しました。

    イメージの下にあるタイトルをクリックするとリンク先から記事をご覧になれます。

     

    みなさんが知っているようで、知らないコザの新たな一面を垣間みることが出来ると思います。展示会やレジデンスを通して、県外や海外とも交流の輪が広がっています。一歩足を踏み入れてみることでしか、分からないことや見えてくることがあります。コザの昼の顔と夜の顔など、私自身も生まれ育って、現在仕事をしている「コザ」なのに、日々、驚きと発見の連続です。刺激をもらって、アイデアやプランもいろいろと浮かんできます。

     

    IMG_0117

    アーティスト・イン・レジデンス/斉藤幹男さんのレポート

     

     

    石垣克子個展「コルクのひととき/展示会レポート

     


    さてさて、最近は、情報発信が「facebook」よりになっていました。

     

    というのは、3年前からイギリスでイベント等の告知や集客のために活用していたのですが、今年の1月ぐらいから「ソーシャルネットワーク」という映画が公開され、日本でもfacebookが浸透してきました。特に沖縄県内の30代〜40代を中心に、ビジネスやネットワーキングで、ここ半年ぐらいで爆発的に飛躍しています。

     

    無差別に拡散、タイミングが重要なtwitterと違って、facebookは、ピンポイントで広がり、効果が見えるところが大きいと感じております。消費社会の日本では、これだけ急激に広がると飽きてしまって、また別のツールへと移行する可能性は非常に高いと冷静に見てはいるのですが、おかげで、コザを拠点にしている団体や機関、街の人たちのいろいろな動きも見えてきて、協力して連携できそうな形がなんとなく見えてきました。

     

    facebookでは、沖縄クリエイターズビレッジ構想のもとに展開している、沖縄アートプロジェクトのfacebookページもあります。「いいね!」を押して頂いて、アートプロジェクトブログと共に、定期的にご覧になって下さいね。

     

    OCV雑記帳と重なる部分もありますが、それぞれの視点を通して、さらに視野が広がってくると思います。

     

    ゆる〜りと人が集まり、関心が高まり、お互いの理解が深まって、盛上がってきている感じがしっかりと見えてきました。なんだか90年代後半のイーストロンドンに、アーティストたちが集まり、刺激し合って、発展したような、そんな光景がコザでも始まっているようで、とても嬉しいです〜。

  • 平日販売 <<  |  >> Misaya Tamashiro "Snow White" 2011